top of page
検索

はじめてのレコード

音楽家たるもの、再生装置にもこだわるべき。

なんてルールもないので、わたしは今までイヤホンもプレーヤーも、「音質なんぞ知らん!鳴ればよい!1番安いのください!!!!」というスタンスでした。

だって生の音には、何だって敵わないでしょ?


しかしながら、母方の祖父が残したクラシックレコードを発見し、今までレコードなんて触ったこともなかったのに事態は一変。


「ブラームスめっちゃすり減ってんな…好きだったのかな…」

なんて、盤の状態で判別できるくらい聴き込んでいた痕跡を見つけて、なんだか胸いっぱい。


しかも、母が買ってきた7000円くらいのプレーヤーなのに、目の前にベルリンフィルおるんちゃうかというくらい、リアルで奥行きのある音…


なにこれ。これは迫力が違うよ…なんで誰も教えてくれなかったのさ…🥺


今は電車でも、ジムでも、むしろ走りながらでも聴けちゃう便利な時代。

でも、静かな場所で、レコードに針を落としてじっくり音を噛みしめる。これを贅沢と言わずしてなんという?


味をしめた親子は、中古レコードやさんで、キースジャレットのケルンコンサート 、そしてスタン・ゲッツとカルロス・ジョビンのボッサのアルバムを買い、感想は上記の通りなので以下略。


おうちにスタン・ゲッツを招集できる!(気軽)


や〜〜これはハマる人の気持ちが良くわかりました。中古レコードやさんで3時間くらいディグれるようになりたい!


村上春樹先輩のようになれるよう、精進して参ります。

Comments


bottom of page